ビジネスに定着した透明封筒



      このエントリーをはてなブックマークに追加

透明封筒の製造機械について

透明封筒の製造工程は、それを製造しているメーカーによって異なりますが、一般的には透明封筒を自動で製造できる特殊な機械を導入して、いろいろな大きさの透明封筒を製造しています。
透明封筒を製造する機械は一般に市販されているのではなく、特注で専門業者に頼んで作ってもらうもので、1台ずつ性能も値段も違っています。


透明封筒を製造する専用機

透明封筒は原料となるフィルから作られますが、大抵は巨大ロール状になった原料となるフィルムを、透明封筒を製造する専用機にセットすることが、製造工程の1段階目となります。
製造工程の第二段階は、透明封筒のサイズを入力することになり、透明封筒にはA4サイズやB5サイズやA3サイズの他にも様々なサイズがあり、機械に縦横の寸法と厚さを設定すれば、あとは機械が自動に透明封筒の形に仕上げてくれるようになっています。
したがって人間が行う作業は、最初に原料となるロールをセットして、数値を入力するだけでいいだけとなっています。


オプション加工も1台の機械で

あとはできあがった透明封筒を箱詰めすればいいだけですが、それも機械が行っているところもあり、人間が行う工程を減らせば、それだけ機械の価格がアップすることになります。
また透明封筒にはテープ付やヘッダー付などもオプション加工されたものも販売されていていますが、オプション加工も1台の機械がする場合は機械の値段が高くなるので、オプション加工は別の機械でしている場合も多く、製造メーカーによって製造工程は異なるようになっています。