ビジネスに定着した透明封筒



      このエントリーをはてなブックマークに追加

郵送コストの削減に

透明封筒を使用するメリットはたくさんありますが、透明封筒は紙封筒と異なる点がたくさんあり、その一番の特徴でメリットとなるのが、中身が見えるというところです。
中身が外側から見えることは、その中に秘密書類などを入れる場合はデメリットにもなりますが、書類を仕分けする時などは大きなメリットとなり、封筒の外側に中身に何が入っているかをいちいち書き込む必要もなくなり、そのまま箱に収納しても、箱を開けて中身を確認すれば、一目瞭然で封筒の中身が何かを知ることができることになります。
したがって以前は紙封筒を利用して仕分け作業をしていた企業なども、今では透明封筒に仕分け用の封筒をシフトしているところが多くなってきています。


その他の大きなメリット

透明封筒を仕分け用の封筒に使用することにはその他にも大きなメリットがあって、それは紙封筒よりも安く購入できるというところです。
紙封筒よりも透明封筒の方が単価が安く、さらに封筒として郵送用に使用する場合は、重さが紙よりも軽い分、郵送コストも抑えられるようになっています。


開封率を向上させる

最近では透明封筒をダイレクトメール用に封筒に使用する企業もかなり多く見られるようになっていますが、ダイレクトメールに透明封筒を使用すれば、一見して中身をお客さんに伝えられるようになり、開封率を格段にアップさせることができることになり、さらに郵送コストを大幅に落とすこともできることになり、まさに一石二鳥となるのが透明封筒ということになります。