ビジネスに定着した透明封筒



      このエントリーをはてなブックマークに追加

郵送用の封筒としてのビニール封筒

ビニール封筒の特徴はいろいろありますが、中身を一見して伝えることができるところがビニール封筒の一番の特徴です。
ビニール封筒とは透明の封筒のことで、中身が透けて見えるようになっています。
中身が透けているということはいろいろなメリットがあり、特に企業がパンフレットやカタログなどを入れる入れ物としては最高のルーツとなります。
ビニール封筒には書類だけではなく商品を入れて販売される機会も多くなっていて、商品を中に入れれば外側から中身の確認ができることになり、商品に直接触れられることもないので、商品を保護しながらそのまま販売できるようになります。


郵送用の封筒として

ビニール封筒の特徴には防水性が高いということもあり、きちんと封をしていれば、多少の水を被っても中身を汚すことはありません。
したがって郵送用の封筒としてビニール封筒を利用する場合は、雨が降っていても書類をしっかりと守ることができることになります。
屋外で商品を販売する場合も、ビニール封筒を利用すれば、急に雨が降ってきても商品を汚すことがなく、さらに水をはらってそのまま包装用のケースとして販売できるようになっています。


保管用のケースとして

さらにビニール封筒は防湿性も高いのが特徴で、長い期間中に書類などを入れておいても、湿気からそれを守ることができるようになっているので、保管用のケースとしても最適となっています。
このようにビニール封筒にはいろいろな良い特徴があるので、今では紙封筒に代わり多くの用途に幅広く使用されるようになっています。