ビジネスに定着した透明封筒



      このエントリーをはてなブックマークに追加

透明封筒の多様な用途

透明封筒は中身が丸々透けて見えるようになっていて、呼び方はビニール封筒やクリア封筒やフィルム封筒などいろいろあり、今ではいろいろな用途に幅広く使用されています。
透明封筒が最も多く利用されているのは、商品カタログやパンフレットやダイレクトメールを送る時の入れ物としてで、透明の封筒を使うことより、消費者の興味を惹きやすくなり、開封率を高くして、商品の購入率アップにつなげることができるようになります。
お客さんにいち早く見てもらいたいものを入れるケースとして透明封筒は最適なツールとなっていて、透明封筒は日本以外でも世界各国で便利に使用されています。


DVDやCDのジャケットケースとしても採用

また透明封筒は書類を入れるだけではなく商品を入れる袋としても活躍していて、最近ではDVDやCDのジャケットケースとしても採用されるようになりました。
その他にも衣類やアクセサリーや小物などを入れる包装用のケースとしても使用されていて、百貨店などに行けば透明封筒は各売り場で大活躍しています。


封筒自体に印刷をすることもできる

透明封筒にはいろいろな大きさに分かれて販売されていますが、透明封筒は市販のもの以外にも特注でどのような大きさにも作ることができるようになっていて、さらに封筒自体に印刷をすることもできるようになっているので、いろいろな企業はそれに会社名や商品名などを入れていろいろな商品を入れて販売しています。
100円ショップに行けば透明封筒に入れて数多くの商品が販売されているので、一度確認してみて下さい。