ビジネスに定着した透明封筒



      このエントリーをはてなブックマークに追加

紙封筒からビニール封筒へ

ビニール封筒は以前に比べて使われる用途がかなり幅広くなってきています。
したがってビニール封筒の流通量は年々多くなっていて、ビニール封筒を取り扱うお店も今ではかなり増えています。


紙封筒にはないメリット

ビニール封筒に代わるものと言えば紙封筒がありますが、紙封筒にはないメリットがビニール封筒にはあり、透明で中身が外側から見せられるというところが、ビニール封筒がこれだけ使用されるようになった一番の理由だと思います。
紙封筒にパンフレットやカタログを入れて配っていた企業が少し前までは多かったのですが、最近では紙封筒の使用をやめて、ビニール封筒を利用するケースが目立っています。
その理由は紙封筒に入れてそれらを渡しても中身を一見して確認してもらうことができないからで、配布するところまではできても、その後に封筒を開封して肝心の中身を見てもらえることができないというのが紙封筒を使うデメリットとなっていました。


封を開けずに中身を確認

カタログやパンフレットをイベントなどで渡されれば、とりあえずほとんど人たちはそれを受け取りますが、会場を出た後にはそのままゴミ箱に捨てられてしまうケースが目立っていました。
しかし紙封筒の代わりに透明封筒を利用することにより、外側から中身が見えて、それが自分の興味のあるものだと分かれば、開封して中身を確認してもらえることになり、ここまでいけば企業がそれらをお客さんに渡した意味が出ることになり、売上アップにつなげることができるようになります。